交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 逸失利益の計算方法は?

逸失利益の計算方法は?

逸失利益とは、後遺障害を残したことによって減ってしまった収入を補償してもらう性質のものです。

本来、現実に収入が発生していなければ損害も発生していないとする考え方もあるのですが、
現実に減収がないからといって将来の減収の可能性について一切考慮せず切り捨てることは
被害者にとってあまりに酷だと言えることから、現実に収入が減っていなくとも、
それは被害者本人の努力によるものであると評価して、
労働能力を喪失した事に対する慰謝料的な意味合いで逸失利益が算出されているのが現状です。

具体的な逸失利益は、
『年収×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数』
で算出されます。

労働能力喪失率は、自賠責の1級〜14級の後遺障害等級に対応して喪失率が決められていますが、
自賠責以外では、実際の怪我の内容によって喪失率は異なる扱いになっています。

労働能力喪失期間は、原則として症状固定時から67歳までの年数となりますが、
67歳までの年数が平均余命の2分の1より短くなる場合(高齢者の場合)は、平均余命の2分の1で計算されます。


逸失利益の具体的計算例

具体的な例を挙げて、逸失利益を実際に計算してみましょう。

これらはあくまで一例であり、必ずしもこの計算結果と同じ結論が出るものとは限りません。
あくまで具体的なケースによって違いがあることをご理解のうえで参考としてください。

足関節の可動域制限で後遺障害12級(年収500万、36歳)

年収500万×0.14(12級の能動能力喪失率)×15.5928(31年間のライプニッツ係数)
=10,914,960円 となります。

むち打ちによる神経症状で後遺障害14級(年収600万、52歳))

年収600万×0.05(14級の能動能力喪失率)×4.3295(5年間のライプニッツ係数)
=1,298,850円 となります。

むち打ちの神経症状については、12級で5〜10年程度、14級で5年以下に制限される傾向にあります。

これは、むち打ちの神経症状がなかなか治りにくく症状の改善に長期間を要することから
便宜上後遺障害として扱われていますが、これはあくまで便宜上のもので、
一生治らない障害としては扱われていないことによります。

女子の顔面醜状障害7級(年収300万、28歳)

年収300万×0.20×17.0170(39年間のライプニッツ係数)

=10,210,200円 となります。(あくまで一例)

醜状障害の逸失利益については、被害者の年齢や職業によって判断が大きく分かれます。

接客を仕事とする女性については、
7級の本来の労働能力喪失率(56%)と比べ低い喪失率で認められる傾向にありますが、
男性の場合はまず認められませんし、女性でも高齢になるにつれて認められにくい傾向にあります。

これは顔の醜状障害によって、仕事に影響する度合いについて失礼にも司法判断をした結果です。
男性でも進路が確定していない未成年の場合は認められることもあります。


労働能力喪失率

後遺障害等級労働能力喪失率後遺障害等級労働能力喪失率
別表第1第1級100%第2級100%
別表第2第1級100%第2級100%
第3級100%第4級92%
第5級79%第6級67%
第7級56%第8級45%
第9級35%第10級27%
第11級20%第12級14%
第13級9%第14級5%

ライプニッツ係数

労働能力
喪失期間
ライプニッツ
係数
労働能力
喪失期間
ライプニッツ
係数
労働能力
喪失期間
ライプニッツ
係数
労働能力
喪失期間
ライプニッツ
係数
1年0.952416年10.837831年15.592846年17.8801
2年1.859417年11.274132年15.802747年17.9810
3年2.723218年11.689633年16.002548年18.0772
4年3.546019年12.085334年16.192949年18.1687
5年4.329520年12.462235年16.374250年18.2559
6年5.075721年12.821236年16.546951年18.3390
7年5.786422年13.163037年16.711352年18.4181
8年6.463223年13.488638年16.867953年18.4934
9年7.107824年13.798639年17.017054年18.5651
10年7.721725年14.093940年17.159155年18.6335
11年8.306426年14.375241年17.294456年18.6985
12年8.863327年14.643042年17.423257年18.7605
13年9.393628年14.898143年17.545958年18.8195
14年9.898629年15.141144年17.662859年18.8758
15年10.379730年15.372545年17.774160年18.9293

逸失利益の計算方法トップへ戻る


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】