交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

頚椎捻挫

頚椎捻挫とは、いわゆるむち打ちです。

むち打ちという言葉はそもそも怪我の内容を表したものではなく、受傷の形態を表したものです。
つまり、事故の衝撃で首が鞭のようにしなり、事故の直接の衝撃異常の負荷が首に掛かることによって、
首に異常をきたすこと全般を表現したのがむち打ちという言葉ですので、
それによって「首が痛い」ということであれば、
まずはじめに診断された時の病名は頚椎捻挫ということになるのが通常です。

実際には、受傷直後の診断で頚椎捻挫と診断されていても、
もう少し詳しく検査した結果、頚椎椎間板ヘルニアだとか頚椎症性神経根症だとか、
バレー・リュー症候群自律神経失調症頸肩腕症候群といった具合に診断名が変わっていくこともよくあります。

この場合でも、新しい診断名がついたことによって頚椎捻挫であったことが否定されるということではなく、
より詳細な判断名に変わったという捉え方をする方が自然です。
3ヶ月程度のリハビリで概ね症状が完治に近い状態になったのでなければ、
頚椎捻挫という診断名は適切でないかも知れません。より詳細な診断名を付けてもらうべく、
きちんとした検査を受ける必要があります。

たかが頚椎捻挫と侮ってはいけません。
頚椎捻挫でも酷い場合は中心性脊髄損傷など、脊髄を損傷しているケースもなくはありません。
脊髄の損傷には至っていなくとも、椎間板のヘルニアが神経根を著しく圧迫しているようなケースでは、
手術をしない限り根本的な解決にはならないことがあります。

こうした神経の圧迫等がみられる症状の方については、
街の整形外科で「たかが頚椎捻挫」という扱いを受けていてはまともな治療も賠償も受けられません。
脊椎外来を受診してきちんとした検査を受ける必要があります。

頚椎捻挫という診断名についても、詳細な検査前には必ず頚椎捻挫という診断名になるとは限りません。
医師によっては頚部挫傷とか単に頚部打撲、頭頚部打撲などという診断名を記載することもあります。
とにかく「頚部を受傷した」ということが事実として明らかであれば、
診断名はあまり気にする必要はないと考えて差し支えありません。

ただ、医師によっては賠償に関わりを持たされることを嫌うがあまり、
意図的に事故であることを否定するがごとく診断名を記載することがあります。
例えば頸肩腕症候群などは、事故によるものであることを意味するのではなく、
事故以前からの職業病による症状を意味する病名です。
厳密な意味でどのように診断名を付けているかは不明な点がありますし、
実際に事故によるものと判断できない怪我なのかも知れませんが、
ご自身にとって不本意な対応を主治医からされているとお感じであれば
一度ご相談頂いたほうが良いかも知れません。
むち打ち関係は事案が少額案件である割に難易度が高く面倒であるとして法律家も敬遠しがちな案件ですが、
医師としても面倒な賠償問題に関わりを持たされるとして敬遠されがちなのです。
そのような医師に掛かっていて正当な扱いを期待するのが無理というものですが、
安易な転院はご自身に不利になることがありますので慎重に行動する必要があります。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】