交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 私の怪我はどう扱われる? > 頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症

頚椎症性神経根症とは、どういった病気なのでしょうか。

文字通り、頚椎から枝分かれする神経根の圧迫による神経症状を指す傷病名なのですが、
その原因は必ずしも特定されたものではなく、
頚椎椎間板ヘルニアによる場合、骨棘による場合、頚部後縦靭帯骨化症による場合などがありますが、
いずれにせよ事故によって症状が出現し出した場合には、
仮にその原因が経年変化によるものであったとしても直接の症状発生の原因は事故にありますから、
事故と怪我との因果関係などについては主治医にコメントしてもらおうなどと思わないことです。
事故前に症状がなく通院暦もなければ、基本的に事故との因果関係を否定されるものではありません。

基本的には、事故をきっかけにして神経根が圧迫され、
それによって神経症状が出ている状態、と捉えておけば大丈夫です。
後遺障害として認定を受けるには、
この神経の圧迫をきちんと検査によって裏付けられていることが必須となります。
単に自覚症状からのみの判断でこの診断名が付けられていることも多いようですから、
後遺障害認定を前提に考えておられるのであれば、まずは検査結果のチェックが必要です。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】