交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 私の怪我はどう扱われる? > 自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症とは、文字通り、自律神経が調子を失うことです。

自律神経とは、運動神経に対して植物的神経と呼ばれる神経で、
通常自分の意思で動かすことのできない神経を指します。

例えば呼吸をする、臓器を動かすといったことは無意識に行なわれていますが、
この部分の神経を自律神経と呼びます。
この部分が調子を失うと、
頭痛・めまい・吐き気・動悸・息切れ・倦怠感・異常発汗・不眠・食欲不振・不安感・うつなど
様々な症状が出現します。
これを自律神経失調症と呼びます。

むち打ちによる頚椎症性神経根症等によって起きる場合を特にバレー・リュー症候群と呼びます。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】