交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 私の怪我はどう扱われる? > 頚髄不全損傷

頚髄不全損傷

通常、むち打ちの場合は骨が折れるには至っていませんので、
脊髄が損傷することはまずないだろうと考えられています。

ですが、必ずしもそうだと言い切れるわけではありません。

脊髄は末梢神経ではなく中枢神経ですから、脊髄が損傷した場合、
上半身だけでなく下半身にも麻痺などの異常が見られるのが通常です。

ですが、下半身には特に異常な症状がなく、上半身についても著しい麻痺はなく、
痛みや痺れといったいわゆる神経根症状に近い程度の症状しかないにも関わらず、
実は脊髄を損傷していたということがあります。

完全に脊髄を損傷しているわけではなく、脊髄の断裂もありませんから、
脊髄損傷とは言ってもケースによっては治る場合もありますので、主治医とよく相談の上で対応すべき診断名です。

むち打ちによる不全損傷は、中心性脊髄損傷であることが多いようです。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】