交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 私の怪我はどう扱われる? > 中心性脊髄損傷

中心性脊髄損傷

脊髄の中心付近は主に上半身の神経に繋がっているようです。逆に外側は主に下半身の神経に繋がっています。

通常、脊髄を骨折などの外傷によって損傷する場合、外側を損傷することになりますから、
脊髄損傷では通常下半身に麻痺等の症状が現れます。

むち打ちによって脊髄を損傷する場合、
飛び出した椎間板ヘルニアが脊髄を圧迫することによって損傷することになりますから、
折れた骨が直接脊髄を傷つけるという場合に比べて間接的な損傷になる傾向があるようです。

結果的に外縁部は無傷で中心部だけが損傷するという状態が起こり、
下半身には症状がなく上半身にのみ脊髄損傷としては比較的軽い症状が出ることがあります。
これを中心性脊髄損傷と呼びます。

症状としては頚椎症性神経根症のやや強いものといったケースが多く、
神経根症と誤って判断されることがあり見落とされがちな傾向があります。
逆に神経根症である場合でも中心性脊髄損傷と気軽に診断する医師もいますので、
いずれにせよしっかりと入念な画像診断を受け、
画像によるきちんとした確定所見を得る努力をしてもらうことが必要です。

脊髄損傷としては程度の軽いものが多いようで、頚髄不全損傷との診断名が付けられることもあります。
厳密な区別はされていない印象を受けます。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】