交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

腰椎捻挫

一般的にむち打ちと言えば頚椎捻挫ですが、頚椎捻挫と同時に腰椎捻挫も併発していることがあります。
腰を強打している場合は腰椎捻挫を疑ったほうが良いでしょう。

頚椎から枝分かれする神経は上肢に向かいます。腰椎から枝分かれする神経は下肢に向かいます。

直接外傷を受けていない腕や手や指先に痛みやしびれ、感覚の異常などの症状がある場合は
頚椎に異常がある可能性があり、同様に足にこうした症状があれば腰椎に異常がある可能性があります。

腰椎についても頚椎とほぼ同様の異常が発生することがあり、
腰椎も脊椎、椎間板、脊髄、神経根などで構成されていますので、
腰椎の椎間板でもヘルニアが神経を圧迫することがあり、
検査内容もほぼ同様の内容のものとなり、治療内容も頚椎とほぼ同様のものとなります。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】