交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

腰部痛

腰部痛も腰痛と同様、自覚症状として記載されている分については問題ありませんが、
診断名として記載されている場合は問題ありとの認識が必要です。

腰部痛も症状名であって傷病名ではありません。これを傷病名欄に記載されている場合については
やはり詐病の可能性ありとの主治医のメッセージである可能性が高く、
患者ではなく保険会社を意識した記載です。

診断名に限らず、患者の申告を過小評価ぎみに記載する医師には要注意です。
始めから「異常なし」として投げ出すつもりで診察している傾向がありますので、
きちんと診断すれば異常が見つかるケースでも、このような医師に掛かっていれば異常なしとされ、
交通事故被害者として二次被害を被る危険性が高まります。

主治医を説得しようとしても無意味なことですので、患者としては逃げるが勝ち。
まともな医師に掛かることが第一です。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】