交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 私の怪我はどう扱われる? > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

追突事故などによるむち打ちにおいて、相当の衝撃を首や腰に受けた場合、
背骨と背骨の間の椎間板が本来の位置からずれることがあります。

あるいは、元々自覚症状はない程度の椎間板ヘルニア(姿勢が悪い、という程度のものです)を持っている所へ、
事故の衝撃が加わることによって、ヘルニアが神経を圧迫するに至り、
痛みやしびれといった神経症状が出ることがあります。

首の場合が頚椎椎間板ヘルニア、腰の場合を腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

誤解されている方が多いのですが、「ヘルニア」という病名が付けば後遺障害に認定されるとか、
そのヘルニアに「外傷性」という診断がされるかどうかがポイントであるなどという
間違った認識が割と一般的になされています。

「ヘルニア」という病名自体はそれほど重要なものではなく、
ヘルニアというのはそもそも「椎間板が出ている」というものにすぎず、
姿勢の悪い人や首や肩や腰に負担の掛かる仕事をしている人などでは、
特に自覚症状はなくともヘルニア状態になっている人は少なくありません。
いわば「猫背である」とか「姿勢が悪い」とか、その程度の身体的特徴であるにすぎないケースが多いので、
ヘルニアと診断されたからといって重傷感を持って悲壮になる必要はありませんし、
これをもって後遺障害認定が受けられると喜ぶのも早計です。

重要なことは、そのヘルニアが神経を圧迫しているのかどうか、という事であり、
これはよほど明らかな神経の圧迫が画像上で確認できる場合のほかは、
詳しく神経学的検査を行ってみないことにはどうにもわからないのが現実なのです。

この詳しい神経学的検査を受けることなく後遺障害申請をしても、
やれ事故との因果関係がどうとか有意な所見とは認められないとかの理由によって、
後遺障害認定は非該当となったり、本来の等級より低い認定とされたりするのです。


ヘルニアの後遺障害等級は12級か14級?

ヘルニアの後遺障害は、画像所見が得られたものが12級で、
画像所見が得られず神経学的異常所見だけが得られたものが14級?

明らかな間違いとは言えませんが、実際にはこのような単純な基準ではありません。

先にも書いたように、ヘルニアが画像で発見できたとしても後遺障害認定はされません。
ヘルニアであっても神経の圧迫がなければそもそも病気とも言えないからです。

ヘルニアが神経根どころか脊髄を圧迫していることがあります。
この場合は痛みも痛烈なものとなり、しびれもビリビリとかなり激しくしびれます。
圧迫の度合いが酷くなれば不全麻痺、あるいは完全麻痺となることもあります。

首を骨折しているわけでもない単なる頚椎捻挫でまさか脊髄の損傷がと考える医師もいるため、
きちんと検査をしていないがために見落としているという事も決して稀ではありません。

逆に患者の後遺障害認定を有利にしてあげようと、
MRI画像上脊髄の圧迫や損傷など認められないにもかかわらず、患者の自己申告だけで
中心性脊髄損傷」、「脊髄不全損傷」などと診断する医師も中にはおり、
結局のところ診断名が重要なのではなく、画像診断をはじめとした
医学的所見がきちんと得られているかどうかが後遺障害認定のカギとなるわけです。

ヘルニアは12級か14級?大きな間違いであることがおわかり頂けたでしょうか?
ヘルニアであっても神経を圧迫するわけでもなく神経症状も出ていなければ後遺障害としては非該当。
逆にヘルニアが脊髄を圧迫でもしようものなら12級どころか9級や7級、
場合によっては1級というのもあり得るわけです。
大事なことはヘルニアという診断名ではなく、
ヘルニアがどの神経を圧迫し、どのような症状が出ているかということなのです。


レントゲン、MRIとも異常なし

「レントゲンもMRIも異常なしと言われました。」このような相談があります。
「MRIでも異常なしだと12級以上の認定は難しいのですよね?」と。非常によくある相談です。

そうですね。MRIが全てというわけではありませんが、基本的に12級以上の神経症状が発現するのであれば、
MRIによって何らかの有意な所見は得られるはずだと考えられています。

それもある意味当然で、ヘルニアが神経を圧迫していることによって神経症状が出ているというのであれば、
MRIによってその場所をしっかり観察すれば、
ヘルニアが神経を圧迫していることが画像で確認できることは当然と言えば当然です。

ですから画像所見のない単なる自覚症状や、神経学的検査の結果だけが異常ありとされているケースについては、
一応説明が付いてはいるものの証拠はないとして14級の認定となります。
神経学的検査上でも特に異常が認められない場合や
詳しい神経学的検査を受けていない場合は非該当となります。
これも当然と言えば当然で、自己申告だけで認定されるようになれば世の中アタリ屋だらけになってしまいます。

では、病院で「MRIでも異常ありません。」こう言われたら諦めるしかないのでしょうか?

ここが大事な部分です。

医師に「異常なし」と言われれば白黒決着が付いたものと思ってしまう方が多いようですが、
画像診断というものはそんな単純なものではありません。
撮り方や設備の精度によって、検査結果は全く違ってくるのです。

ここで物を言うのが医師とのコミュニケーションです。

医師も人間です。何とかしてあげたいと思う患者とそうでない患者では、対応が違ってきます。
何とか異常を見つけてやる!そう思って検査すれば、何らかの異常が見つかるものです。
撮影方法や角度、撮影時の姿勢を工夫することなどで画像所見の結果が変わることがあるのです。

最後は人間性が出てきます。検査で異常が認められて当然。
あるはずの異常を見つけられないのかこのヤブ医者め!
そんな態度では医師も薄々そうした感情には気付いています。

何とか原因を特定して適切な治療を受け、自分自身も頑張って社会復帰を成し遂げよう!
面倒なことをお願いして申し訳ない。お付き合い頂いてありがとうございます!
そういった前向きな患者には医学の女神も微笑むというものです。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】