交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 私の怪我はどう扱われる? > 手足のしびれ

手足のしびれ

手足がしびれるというのは、一般的には神経が圧迫されていることによる症状です。

手がしびれる場合は頚椎(首)を、足がしびれる場合には腰椎(腰)の神経の圧迫をまずはチェックします。
椎間板のヘルニアなどによって神経の圧迫が確認されれば、
その圧迫を手術によって取り除くか、保存的療法で様子を見るかの選択となります。
軽いしびれである場合は街の整形外科では特にこれといった治療をせず、
牽引やマッサージ等の理学療法を気持ち程度に行うだけということが多いですが、
出来れば積極的にペインクリニックの紹介をお願いするなどして神経ブロック治療も受けるほうが良いでしょう。

頚椎にも腰椎にも異常が見られないのに手足がしびれるという場合には、他の原因をチェックする必要があります。
事故時に頭を強く打つなどしている場合には脳の検査は当然ですが、
手足のしびれが局所的なものであれば、そのしびれに対応した末梢神経をチェックする必要があります。
事故時に手足を打撲している場合は、その付近の神経もチェックする必要があるでしょう。
しびれや痛みといった症状以外にどのような症状があるかを正確に医師に伝えることも重要です。

むち打ち以外に特にどこも打っていなくて、手がしびれるけれど頚椎には何も異常がない。
このような場合、もう少し念入りに頚椎の状態を調べる必要があると同時に、
胸郭出口症候群も疑ってみたほうが良いでしょう。

首から手のほうへ向かう神経が、鎖骨と第一肋骨の間の部分を通る所を胸郭出口と呼びます。
斜角筋にも挟まれた狭い空間ですが、むち打ち状態になった時にこの斜角筋を損傷し、
ここから血腫が生じて胸郭出口付近の神経叢を圧迫していることがあります。
これを胸郭出口症候群と呼びますが、これによってもその先の手のしびれが発生することがあります。

腕を上げたりカバンを肩に掛けたりするとしびれの症状が増強するという方は、
この胸郭出口症候群も疑ってみて下さい。頚椎ばかりを見ていてはこれを見落としてしまいます。

基本的にはむち打ちの方は整形外科に通院しているものと思われますが、
街の整形外科は骨折専門と思ったほうが良く、骨折していないむち打ちなどは軽く扱われがちです。
また神経に関して必ずしも専門とは言い難い面がありますので、
しびれなどの神経症状が出ている場合は神経内科のほうが専門医といえるかもしれません。

また、しびれの症状があまりに酷い場合、神経根の圧迫ではなく脊髄の圧迫があることもあります。
街の整形外科では骨折がないむち打ちで脊髄の損傷を疑わないことが多いので見落としていることがありますが、
むち打ちによって中心性脊髄損傷となっていることも稀にあり、
中心性脊髄損傷では神経症状は上半身に限られ、
症状としては頚椎の神経根症状と区別がつきにくいため
脊髄損傷を疑わずに見落とされているケースがあるのです。
しびれの程度があまりに酷い場合や、他にも明らかに事故前と比べておかしな部分がある場合は、
街の整形外科ではなく大学病院の脊椎外来を受診するようにして下さい。

末梢神経の損傷については、どれだけ入念に検査を受けたとしても
必ずしもどこかに異常が見つかるということではありません。
画像によって特に異常が認められず、
神経学的検査によっても特に異常が認められない程度の痛みやしびれについては、
少なくとも適切な治療を受けているかどうかという点で後遺障害認定の判断とされます。
街の整形外科の理学療法室で漫然と効果のないリハビリを受けているだけでは、
本当にしびれや痛みがあったとしても、それらの症状はないものとして後遺障害については判断されます。
検査だけでなく治療面においても、保険会社任せ、主治医任せではなく患者主導の選択が求められます。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】