交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 裁判所

裁判所

裁判と言えば、金も掛かる、時間も掛かる、といったイメージばかりが先立っているように思います。

しかし実際には必ずしもそうと言い切れるものではありません。

裁判に金が掛かるというイメージは、実は裁判の費用が高いわけではなく弁護士費用が高いだけです。
例えば100万円の請求訴訟を行う場合、印紙代が1万円です。1000万円の裁判で5万円です。
これに送達用の切手代。基本的にはこれだけです。

時間が掛かるというイメージも、単なるイメージだけのものであるかも知れません。
確かに長く掛かる裁判もありますが、
通常よほどの複雑な事案でもなければ半年〜1年程度でほとんど終わります。
逆に裁判を避けて解決しようと頑張ってみても、
相手が応じなければ、条件面で被害者が折れない限りいつまでも解決しないのです。

譲れない線があって、その線にどうしても保険会社が応じないのであれば、
もはや裁判をするしかありません。ご自身で本人訴訟を頑張れる人であれば、やってみるのも経験です。

ただ、弁護士に依頼して裁判をする場合は、やはりどうしてもそれなりの費用が掛かります。
賠償額が少なくとも何百万は上積みできる見込みがなければ、
弁護士費用との対効果の面から引き受けてくれる弁護士探しも大変になることでしょう。
よほど大きな差額が見込めるケース以外では、条件面の譲歩はやむを得ない面があります。
かといってあまりにも保険会社の言い値では納得できないでしょうから、
そういった場合には弁護士以外の、例えば行政書士といった選択肢もありかもしれません。


どこへ相談すれば良いかわからない方は、「どこへ相談すれば良いか」を参考にして下さい。


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】