交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > どこへ相談すれば良いか

どこへ相談すれば良いか

交通事故被害に遭い、保険会社と何度か打ち合わせをすると、
「何も知らない状態では保険会社の都合の良いように対応されてしまう。」と感じることでしょう。
どこかに相談しなければ、と相談先を探すものの、どこに相談すれば良いのかわからない。
そういった方々のために少し書いておきます。

交通事故相談というのは専門性の高い分野の相談になります。

法律のこと、保険のこと、医学のこと、様々な知識が必要な相談内容です。
単に法律に詳しいだけ、保険に詳しいだけ、医学に詳しいだけでは知識としては不十分で、
それらの知識を結びつけるための知識と実務経験が必要です。

交通事故の被害者相談をする場合、まず思いつくのは弁護士でしょう。
弁護士は法律の専門家です。法律知識についてはひとまず大丈夫です。
ですが交通事故を扱ったことのない弁護士が、必ず保険の知識も医学の知識もあるかと言えば疑問です。

ご自身の怪我のことについて相談する場合、相談先として思いつくのはまず医師でしょう。
主治医であるか、知人の医師であるかはともかく、
やはり怪我のことについては医師に聞くのが一番と考えがちです。
ですが、交通事故による怪我については、必要な知識は特異なものであることが多く、
医師では答えられないことが多いのが現実です。

例えば、「私のむち打ちで後遺障害の認定は受けられますか?」
このような質問に対して答えられるのは誰でしょう?
むち打ちで後遺障害認定を受けた患者を診たことのない医師は「難しいですね。」と答え、
交通事故の実務経験のない弁護士は
「『局部に神経症状を残すもの』に該当すれば認定されます。」と答えるかもしれません。

むち打ちの症状を医学的に証明すべく神経学検査を受けるべきで、街の整形外科にこれを期待しても難しいこと、
こうした事情が医師個人の怠慢にあるのではなく医療制度そのものに問題があるのであって、
いたずらに医師個人に対する不信感を抱いても問題は解決しないこと、
こうしたことを的確にアドバイスできなければ交通事故の相談先として適正であるとは言えません。

さらに言えば、先の例であれば単に交通事故に詳しいだけでなく、後遺障害、
それもむち打ちに関して相談したいのであれば
むち打ちに詳しい相談先に相談しなければ的確な答えが得られないのも言うまでもないことです。

交通事故事案としては少額事案と言えるむち打ちに関する相談を、
死亡事案や高度障害事案ばかりを扱う弁護士に相談しても、
現実問題として実務経験が少なく実際の現場知識を有していないことも多々あるのです。

つまり、ご自身の事案に応じた相談先を選択しなければ、
誤ったアドバイスによって判断を誤ってしまう危険性が高くなるのです。

特に無料の法律相談などには注意しなければなりません。

 「むち打ちで後遺障害認定を受けたいのですが。」

 「え?むち打ちで後遺障害?それは無理ですよ。」

相談先の勝手な偏見で大切な権利を諦めてしまった人も少なくありません。
適切な相談先の選択、こればかりは当方でも支援できません。
当方が支援できるのは当方へ相談された方だけです。こればかりはご自身の決断が全てです。

交通事故被害者の最初にして最も重要な決断。これが相談先の選択です。
しっかり検討して、後悔のない選択をして下さい。


相談先による分類

違う角度から相談先を見てみましょう。

相談先には無料のものと有料のものがあります。根本的な違いは何でしょう?

お金が掛かるか、掛からないか。確かにそうです。

しかし、これだけで相談先を選ぶと判断を誤ってしまうことがあります。

無料の相談先は、基本的にあなたの味方ではありません。
仲裁機関であったり、第三者的立場であったりして、客観的立場でアドバイスをくれるのが無料の相談先です。
対して有料の相談先は、アドバイスや支援というサービスを提供する、いわばあなたの味方です。
客観的立場で見通しを伝えるのではなく、完全にあなたの味方の立場で、
どうすればあなたの権利を実現できるかをアドバイスあるいはサポートするのが仕事です。


→ 自己解決に向いている人
→ 弁護士へ依頼した方が良い人
→ 行政書士への依頼が適している人


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】