交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 弁護士へ依頼した方が良い人

弁護士へ依頼した方が良い人

既に交渉が決裂して弁護士対応となっている人、
判例でも判断の分かれる微妙な争点につき争っていこうとお考えの人、
こうしたケースでは弁護士に依頼した方が良いでしょう。

ご身内の方が亡くなられたケースや高度の後遺障害が残ったケースも弁護士へ依頼したほうが良いと考えます。
保険金の額は相当大きなものとなることが想定されますので、
弁護士を立てて訴訟を前提とすることで得られる賠償額と保険会社の提示してくる金額は、
相当に大きな額になると思われるからです。
金額差が大きい場合、高額な弁護士費用を負担してでもしっかり主張した方が得策です。

一方、むち打ち事案など交通事故の中では低額な部類に入るケースでは、
弁護士費用に見合う効果が期待できないことから引き受けてくれる弁護士が見つからないことが想像されます。
仮に友人などで断れずに引き受けてくれたとしても、普段積極的に引き受ける事案でないことから、
むち打ち事案などでは交通事故を専門とする弁護士でも基本的な事を知らないケースが散見されます。
むち打ちなどの非典型後遺障害と呼ばれるものは実務経験がない場合は判断を誤る可能性が高まります。
特にむち打ちは賠償額が小さい割に難易度が高いため、専門家としても儲からない事案として敬遠されがちです。

賠償額が高額となる事案、高度な争点での争いが避けられない場合は、弁護士。
そうでない場合は弁護士との選択肢は早々に消えてしまうという面は否定できません。


→ 自己解決に向いている人
→ 行政書士への依頼が適している人


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】