交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 何を相談できるか

何を相談できるかの前に何を相談したいか

賠償額を大きくしたい。裁判をしてでもガッツリ多く受け取りたい。
だったら迷わずに弁護士に相談してください。


もっと丁寧な治療が受けたい。主治医に相談しましょう。


主治医がどうにも頼りにならない。
その場合は医療支援が可能な相談先を探しましょう。

適正な後遺障害等級認定を受けたい。
その場合、これから受けるのか、異議申立したいのか。
これから受ける場合についても、
治療は既に終わっているのか、まだ治療途中なのか。
その人それぞれの求めるものや状況によって、
相談すべき相手も違ってきます。


まずは何を相談できるかと考えるよりも先に
自分は一体何を相談したいのかをよく考えてください。


→ 相談すればどうなる?


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】