交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 当サイトがオススメする有料相談

弁護士相談

交通事故の相談と言えば一番間違いないのが弁護士相談。
どんな相談にも法律上何の制約なく応じられます。

ただ、料金が高いことと、
相談内容によっては必ずしも詳しいとは限らないことに注意が必要です。


司法書士相談

司法書士は街の法律家。認定司法書士なら、簡易裁判所の代理出廷も可能です。
そのため、認定司法書士なら交通事故の相談先として一定の法律的要件は備えています。

ただ、認定司法書士の多くは、資格を目指す段階から、主に借金整理を業務と想定しています。
そのため交通事故に詳しい司法書士というのはかなり稀です。

中には詳しい人もいるかもしれませんが、
借金整理の需要が減ったことで安易に業務転換しただけの事務所も多く、
本当に詳しい専門家なのかどうかの取捨選択は欠かせません。


行政書士相談

行政書士は各種許認可の専門家ですが、一部の行政書士は交通事故に極めて詳しいです。

これは「自賠責」という制度が半官半民の性質を持っていることに関係していて、
古くから行政書士は自賠責保険の請求に関わってきました。
そのため自賠責保険の被害者請求や、後遺障害認定に関して極めて詳しい行政書士がいます。

ただし本当に交通事故に詳しい専門家は一部ですから、事務所選びは慎重にすべきです。


社労士相談

社労士は社会保険の専門家であり、交通事故は一見関係ないようにも思えます。

ただ、社労士が扱う社会保険の一種に「労災保険」があります。
交通事故の中には、業務中や、通勤途中の交通事故もありますから、
そのようなケースでは労災が絡むことがあります。

加害者との民事賠償と自賠責保険との関係に加え、労災保険も絡めて判断しなければならない場合、
労災に詳しいことや、労災への代理手続きが出来ることが武器になることもあります。

特に社労士には行政書士との兼業者がおり、しかも行政書士としても交通事故に特化している事務所なら、
自賠責保険と労災との調整問題も含めて相談できるため、非常に頼もしい相談先となります。

もちろん司法書士や行政書士同様、
資格者=交通事故の専門家とは到底言えないので、
弁護士に相談する場合に比べて事務所選びは慎重にする必要があります。


公的機関

法テラス

日弁連交通事故相談センター

交通事故紛争処理センター


ネット検索・ノウハウ・マニュアル等

今やインターネットで何でも調べられる時代。
自分で調べて自分で勉強する限りにおいてはネット情報は無料です。

とはいえ、無料で得られた情報の個別判断は自己責任です。

情報はその取捨選択が出来てはじめて生きてくるものですし、
生兵法は怪我の元でもあります。

また有料のノウハウやマニュアルに関しては、
その多くは「一人の当事者がたまたまうまく行った」だけのものです。
その「たった一人の成功事例」が万人に使える可能性は極めて低いです。


→ 相談先紹介・サイト管理人

→ 色んな声・評判・口コミ

→ 管理人への連絡フォーム


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】