交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 後遺障害の異議申立をお考えの方

後遺障害の異議申立をお考えの方

ご自身の怪我についての後遺障害認定結果に不満のある方は多いと思います。

でも不満はあっても認定基準がわからないとかの理由で異議申立をためらっている方も多いでしょう。
思い切って異議申立をしてみたものの、何度申立しても認定されない人も中にはいると思います。

後遺障害の異議申立を、何度もチャレンジすればそのうち認められると思って闇雲に申立している人や、
主治医の書き方によって等級が決まると思って、違う書き方や診断名を求めて
何人もの医師に診断をお願いしている人も中にはいるようです。

残念ながら、何度も挑戦すれば等級認定されるというものでもなければ、
診断書の書き方を工夫すれば認定されるといった性質のものではありません。

後遺障害の種類にもよりますが、大抵の場合、適切な後遺障害等級に認定されないのは、
医学的な証明が不十分であることによるものです。
医学的な証明が不十分であると、どんなに酷い後遺症を残していたとしても適切な等級認定は受けられません。


後遺障害認定に必要な医学的証明

では具体的に後遺障害認定に必要な医学的証明とは、何のことを指しているのでしょう。

これは、ひと言で言えば検査結果です。

後遺障害認定には、必要な検査を受けている必要があるのです。
どれだけ自覚症状として酷い症状が残っていたとしても、それを医学的な検査によって証明しない限りは、
医学的には何も異常がないこととなりますから、
医学的に異常がないものを、法的に賠償請求することはできません。
交通事故被害者の立場だから何から何までお膳立てがされて自動的に賠償が受けられると思っていたら、
正当な扱いというのは受けられません。
日本の法律では賠償請求をする場合、
請求する側つまり被害者自身がその損害を立証する義務を負っているのです。

こうした事は主治医も実はよくわかっていませんので、
主治医任せで受身の診療を受けていると、正当な賠償は受けられないのです。
ご自身の怪我の内容に対して、自覚症状を立証するために必要な検査や治療をしてもらうためには、
主治医任せではなく被害者自身が主導して検査・治療内容を要望していかなくてはなりません。

何故なら医師は治療をするのが仕事であって、賠償請求のお手伝いが仕事ではないからです。
賠償請求のためには、本来必要ではない検査を必要とすることが多くあります。
でも、治療のためには必要のない単なる原因特定のためだけの検査ですから、
医師が率先して検査を行うことはないのです。

例えばむち打ちによって首が痛い、手がしびれるなどの症状がある場合、
症状の原因は筋肉の拘縮や神経の過剰反応にあります。
これを改善するためには筋肉を弛緩し、神経の痛みを取り、神経細胞の修復を促せば治療としては充分です。

しかし後遺障害認定のためにはこれでは不十分なのです。
どの神経が異常な状態になっていることによってこれらの症状が出ているのかを特定しなければなりません。

でも、特定したところで処置は変わらないのです。
筋肉を弛緩させるためにリハビリを行い、神経の痛みを取るために痛み止めを処方し、
神経細胞の修復のために必要なビタミン剤を処方する。改善が思わしくない場合は神経ブロック治療を試みる。
治療としては、検査をするしないに関係なくこの程度しか処置のしようがないのです。

この矛盾が、適切な後遺障害認定を受けられない交通事故被害者が出てしまうことの原因です。

理屈では理解が出来ても、適切な検査を受けたくとも、医療機関の側がこの体制にないのです。
「この検査をやって下さい。」「わかりました、やりましょう。」こう上手くいくなら誰も苦労はしないのです。
「そんな検査は必要ありません。」これが医師の反応なのです。

この状況を打破するためには、時として主治医とケンカすることが必要な場合もあります。
ですが不必要なケンカをするよりも、もっと良い説得方法がある場合もあります。

大事なことは、主治医の立場も知った上で、
どういう切り出し方をすれば主治医も快く、あるいは場合によっては嫌々でも、
こちらの求める検査を実施してくれるか、です。

必要なのは、賠償実務上必要なものは何か、
主治医は本音としてどういうことを考えているか、
その前提として、医師の立場はこういう場合どういったものなのか。
そういったことを熟知していること。

その分野を専門として日々業務に当たっている真の専門家を頼ること。
それしかないでしょう。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】