交通事故被害者の慰謝料請求のための情報庫

トップページ > 加害者の処分についてひと言

加害者の処分についてひと言

加害者の処分に対して寛容な被害者の方がいらっしゃいます。

事故時の対応もきちんとしてくれたし、怪我のお見舞いにも足を運んでくれた。
誠意もあるから厳罰は求めないとしてあげよう。これはこれで良いのではないかと思います。

ですが中には、怪我も幸い大したことはないようだし、
保険会社も物損で届けても人身事故として賠償はきちんとすると言ってくれている。
特に加害者に恨みがあるわけではないので、警察への届けは人身ではなく物損にしてあげよう。

このような寛容についてはいかがなものかという気がしないでもありません。

そもそも加害者に対する刑事罰や行政処分というのは、被害者の報復のためにあるのではありません。
事故を起こして人の身体に危害を加えたという事実は消せないものであって、
このような事故を二度と繰り返さないための、
今後の事故の抑止力として定められているのが交通事故の加害者に対する処分なのです。

この加害者に対する処分を被害者の一存で免除してしまう扱いというのは、
加害者に「誠意さえ尽くせば事故を起こしても特にペナルティーはなかった」という経験をさせることとなり、
新たな被害者を生み出す原因を作ることになってしまう危険性を持っているのです。

今回は「良い人」だったかも知れません。でも次も良い人であるとは限りません。
むしろ、このように一度「処分を免除」された人というのは
次に事故を起こした時には良い人でなくなっている可能性がとても高くなります。

交通事故相談を仕事にしていると色んな相談を受けることがあります。
その中で最近少しずつ増えてきた被害者の方の愚痴としてこのような内容を耳にする機会が増えてきました。

「人身で届けようとしたら人でなしのような言われ方をした。」

このような被害者の声が最近多いのです。

以前は事故を起こした時、被害者の方は軽傷だからと警察へは物損として届けてくれた。
最近では任意保険も物損の届けで人身の賠償をしてくれることが実務上多くなってきているから、
軽傷なのにわざわざ人身で届ける必要なんかない。
それなのにわざわざ人身で届けるというのは嫌がらせ以外の理由はない。人でなしだ、と。

これが加害者の主張だそうです。

この、誠意がないどころか被害者に喰って掛からんばかりのこの加害者は、
以前に人身事故で被害者に物損として扱ってもらった事があるということなのでしょう。
つまり以前の事故では「良い人」と評価された人なわけです。

その時は良い人のフリをしていたのか、味を占めて良い人でなくなったのかどうかはわかりません。
ですが、後の事故に遭った人にとっては、その加害者の処分を免除してあげた被害者をどう思うでしょうか?

その時もきちんと処分を受けさせていたら、もっと事故を反省して危険な運転を自制していたかも知れない。
そうすれば自分は事故に遭わなくて済んでいたはずだ。
少なくとも被害者である自分が人でなし呼ばわりされることなどなかったはずでは?
と考えるのが普通ではないでしょうか。

良い加害者のために罪を免除してあげるのも結構なことなのかも知れませんが、
たくさんの被害者を見てきている私としては、
出来れば同じ被害者の立場の人の気持ちを重視して判断して頂けたらと願います。


→ 何を相談できるか
→ 相談すればどうなる?
→ 当サイトがオススメする有料相談


交通事故情報局トップページへ


【PR】 むち打ち被害者 弁護士特約 紛争処理センター 主婦の休業損害 交通事故示談 【PR】